【就活】理系大学で化学を専攻している私がメーカーに就職しない理由 ~あなたはその道に進む覚悟決めた?~

私の話

はじめまして。なっぴと申します。

私は、某私立理系大学工学部の4年生です。高校も理系が強い高校に通っていました。いわゆる理系女子(リケジョ)というやつですね。古典と世界史はいつも赤点でした。元々、ゲームやインターネットサービスを作りたかったので、高校ではプログラミングを勉強してました。難しすぎて挫折しました。ですが、理系の勉強は好きだったので、理系の大学へ進みたい気持ちは変わりませんでした。そこで、次に興味があった化学系の学科へ進学しました。

今回はそんな私の就職活動についてみなさんにお話しできたら良いなと思い記事を書きます。
タイトルにもあるように、私は化学系の学科の4年生として就活をしましたが、化学系のメーカーへは就職しません。

とあるサイトを運営しているIT企業で総合職で内定を頂いています。総合職と言ってもエンジニア志望ではないので、文系職に当たります。
同じような境遇の人に、参考にしてもらえたり、私と考え方違うなーとか、なにかしら思ってもらえたらうれしいです。

就職活動の話

就活してたら気が変わった

化学を勉強しているので就職活動を始めたばかりの頃は、化粧品,食品,医薬品,文房具,繊維などなど・・・メーカー企業を見ていました。その他にも、水やガスなどのインフラ関係も見ていました。
大学が主催したメーカーが集まる合同説明会に参加したときに、大学院生のやる気に圧倒されてしまったのを覚えています。この人たちと戦えない・・・と思ってしまったんですよね。

みなさんはB to BB to Cという言葉をご存知ですか?理系の学部卒で、成績もそこそこな人がB to Cの企業へ進むことはなかなか難しいと先生たちもわかっているんですよね。就活ガイダンスでB to B企業の素晴らしさを就職課の人たちが私たちに刷り込みます。B to BとB to Cどちらの方が良いとかはないと個人的には思います。
ですが私は、企業の名前が知られていなくても、お客さんの手に直接届くことがしたいと思っていたので、周りと同じ就職活動していたら絶対に後悔すると思いました。皮肉な話ですがそのガイダンスがきっかけですよ就職課のみなさん。

もう1つ気が変わった理由は、研究室配属にありました。理系科目の勉強は好きだったので、そこまで苦痛に感じることはあまりありませんでした。(有機化学は別)
でも、研究室に配属されて自分で研究を進めていかないといけないとなると、何をすればいいのかがわからなくなってしまったんです。社会に出たら、「主体性」が求められます。研究室で誰かの指示を待っているようでは、この業界ではきっと活躍することはできないと確信したのです。今は、研究室が億劫で仕方がないです。これを定年退職まで続けられるか、と言われたら答えは「NO」でした。

楽しく仕事がしたい

私は元気である限りはずっと仕事をしていたい(というより忙しいのが好きなので専業主婦が性に合わない)と思っています。なので、嫌な仕事を数年やって辞めるのではなく、楽しいと思える仕事を長く続けたいと思っています。転職という方法もありますが今は割愛しますね。

楽しく働くってなんだろう・・・メーカーに行かないならどうすればいいんだ・・・と、振り出しに戻りました。
必死になって業界のことについて調べていると、ある事に気づくんですね。
「エンジニアじゃなくてもインターネットサービスが作れる」
私が中学生の時からやりたいと考えていた原点に帰ってきました。

「興味がある業界で働くこと」。これが楽しく働くことへの1番の近道だと考えました。辛いこともたくさんあるかもしれませんが、興味があるなら頑張れる気がしたんです。

受かるわけない

そうと決まれば就職活動です。気になったり興味があったりした企業だけでなく、目についたIT企業を片っ端から受けていきます。
自分が活躍している感が欲しかったので小さめの企業を中心に受けていました。もう1つは、インターネットサービスの企画や運営をしたかったので、新卒でWebディレクターをやらせていただける企業にも絞っていました。
ですが、どこも受かりません。そうなんですね。理系でまったく関係のないことをやってきた人なんていらないんです。文系で私より頭のいい人は山ほどいます。

ITベンチャー企業では、インターン経験も重視されます。私は、レポート・サークル・バイトに追われてインターンをする時間も、インターンという考え自体も全く浮かびませんでした。
インターンを学生時代にやっていた人には敵わない、と心から思いました。
インターンの経験を面接で語れたり、エントリーシートを書く能力だったり。そして社会人と対等に話す能力が自分とは比べものにならないなと感じました。

何社受けたかわかりません。何回泣いたかわかりません。

内定をもらえた理由

焦ってインターンを始めました。6月ごろからです。
インターンをしていたら、あることを社員さんから聞けたんです。

やっていること/得意なこと×やりたいこと=あなたの市場価値

これだけだとどういうことか意味不明ですよね。私の場合に置き換えて説明すると・・・
私のやりたい事は「インターネットサービスの企画や運営」です。研究室で分析化学を専攻している私のできる事はデータの分析です。
これを、掛け合わせて面接で言いました。データサイエンティストという職種があるのですが、それに目を付けたんですね。

「インターネットサービスの企画や運営がしたいです。分析化学を専攻しているのでデータ分析もできます。自分がディレクションしたサイトを分析しながらより良いものにしていきたいと考えています。なので、ディレクターをしながら、データサイエンティストとしても活躍したいです。」

面接では、こんなようなことを言った気がします。これを言った1社だけ内定を頂けました。

学生時代に後悔は…?

正直に言います。
全く後悔していません。

軽音楽サークルをがむしゃらにやっていた毎日も、朝早くから地元のカフェでバイトをしていた毎日も、目を真っ赤にしながらレポートやっていた時間も、何1つ後悔していないです。
サークルなんかしてないでインターン行っていたら、就活でこんなに苦労しなかったのかな、とか思うことも多いです。
でも、実際に後輩にも言ったのですが、サークルに入らずにインターンへ行って社会を経験することも、サークルに入って大学生活充実させることも、どちらも正解だと思います。どちらも今、大学生のうちしかできないので。

何が言いたいのかと言うと、「後悔のないように学生生活を送ってほしい」ということです。後悔するようなことがあってもそこで後悔してしまったら負けだと思っています。人生楽しんだ者勝ちです。

私は、サークルを通じて知り合った友達や思い出がとても大切です。
引退した今でもよく遊んだりしています。

終わりに

売り手市場とはいえ、全員が入りたい企業・なりたい職種・憧れの業界で内定がもらえるわけではないと思います。事実私は何社も落ちました。
そんな中、なりたい職種・憧れの業界で内定をもらえたことを本当にありがたく思っています。
自分のやりたい事は絶対に曲げちゃだめだと思いました。

読んでいただきありがとうございます!この度、小林さんの紹介でライターをさせていただけることになりました。つたない部分は多々あると思いますが皆さんに楽しんでいただけるような記事を書いていけたらな、と思っております。

これからよろしくお願いします!

この記事を書いた人:なっぴ

某私立理系大学工学部4年生 軽音楽サークルに所属していました。 現在はdip株式会社でインターンをしています。 AINOW( http://ainow.ai/ )のコンテンツ作成や、受託で記事作成しています。
Twitter:なっぴ (@nappippi_)
Instagram:なっぴ (@nappippi_)

面白かったらシェアしてね!