【学生インタビュー第6弾 明治大学 矢野昂さん】想いを結果で示していく〜ホスピタリティ精神に溢れる未来のホテル王に話を聞いた〜

こんにちは。ちかです!今回は活躍する学生インタビュー企画第6弾です。第3弾でインタビューさせていただいた冨永さんのご紹介で 矢野昂さんにインタビューしてきました! 稚拙な表現だけど、パワーが凄い人だったなぁ(笑)

(インタビュアー&記事作成:遠藤 知佳 記事編集:小林宥太)

【学生インタビュー第3弾 順天堂大学 冨永心大さん】15年続けた野球をやめる、という大きな決断。野球以外何の取り柄もなかった学生の人生を180度変えたインターンとは。

冨永さんの記事↑

矢野昂(Akira Yano) 明治大学3年。大学に入りスターバックスでアルバイトを始めるがオーブンの使い方が覚えられずバイトを断念。その後、家庭教師のバイト経験を経て家庭教師として独立。 また、大学の文化祭で出店を運営したのをきっかけに広告・営業代行を主に行う「学生団体ファシート」(http://facitosg.wixsite.com/home)を設立。個人でもコンサル事業やマッチング事業、不動産事業などジャンルを問わず幅広く活動している。

学業に力を入れる

ちか
こんにちは。矢野さん!今日は色々聞かせてください。よろしくおねがいします。
はい。なんでも聞いてください。よろしくお願いします。
ちか
ではまず、、今一番力を入れていることはなんですか?
はい。実は今一番頑張っていることというと大学の勉強なんですよね。(笑)つまらないかもしれないんですけど、僕は「応用化学」を学んでいてそこでしっかりと単位を取っていくことが今一番力入れていることなんです。
ちか
そうなんですね。白衣とか着てるんですか?似合いそうですね。(笑)
はい。もちろん着ています(笑)
でも、これだと話終わってしまうので(笑)個人で活動していることをお話ししますね。僕今はフリーランスのような形でコンサル事業や不動産仲介、マッチング事業を行っているんですけど、これのすべての元となったのは「人の役に立ちたい」という気持ちと、「家庭教師のアルバイト」でした。

想いを結果で示していく。

ちか
なるほど。ちなみにその家庭教師のアルバイトではどんなことを?
大学1年の頃だったんですけど、大手の家庭教師会社で中学受験を控える小学生向けに家庭教師をしていて。そこで家庭教師をやっていくうちにマニュアル通りの勉強では結果が出ないということに気づいたんです。一人一人に必ず、異なる「結果の出る勉強法」が存在するのでそれをひたすら生徒一人一人に実践していたんです。そこまで頑張れたのはやはり、「小学生、その親御さんたちのお役に立ちたい」という気持ちがあったからだと思っています。
ちか
なるほど。それで結果はどうだったんですか?
結果もしっかり出ていて、僕指名でのお客様がどんどんついて行きましたね。僕自身も中学お受験経験者なんですが、僕の場合は落ちていたので、その分相手の立場に自然と寄り添えたことも大きかったと思います。
ちか
なるほど。。経験していたからこそできたと。
はい。「人のお役に立ちたい」という気持ちをしっかり見える形で、あの時は「結果」という形で示していってましたね。例えばそれを今は「コンサル」という形でしていたり。あの時と気持ちは同じですね。
ちか
うーん。すごいシンプル。尊敬します。そしてその後学生団体を立ち上げられたんですね。

社会が喜ぶことをしたい

はい。きっかけは大学の文化祭に有志で出店を出したことでした。ポケットマネーを使わないでやってみようということだったのでまず企業の協賛金集めに行きました。その為にまず企業が喜ぶことをしようとその企業の営業代行や商品PRなど幅広くやりました。これをやっていて気づいたのは社会が喜ぶことをするって楽しい。これが仕事の真髄じゃない?って気づきました。
ちか
なるほど。今もその団体は続いているんですか?
はい。続いています。文化祭終了後にこれをビジネスの形にして再結成したのが「学生団体ファシートhttp://facitosg.wixsite.com/homed」です。学生ってやる気とかパワーはあってもどうしても一人一人の力が弱いんですよね。でも、みんなで集まったらすごいパワーになるんですよ。今はうちの団体で映像制作、営業代行、講演会、セミナー運営など幅広くいろいろなことをしています。このころから個人でコンサルも始めました。始めたきっかけもやっぱり「社会のお役に立ちたい」これでしたね。
ちか
いろんなことをされているんですね。すごい。もっともっと沢山お伺いしたいところです。。でも今回はとりあえず次!(笑) 今後の展望・野望を教えてください。

選んだのは「人に奉仕する」が詰まったリゾートホテル業

いくらでも話せちゃうので、はい(笑) 将来はリゾートホテルの経営がしたいです。リゾートホテルって自分の好きな要素全てが詰まっている気がして。人を楽しませて、美味しい料理が出て、リラックスできて、元気にすることができて、最高の奉仕じゃないですか?憧れますね。これを形にしていく為に本気で今やらなければいけないことを一つずつ、やっていきます。
ちか
なるほど。素敵ですね。ダイレクトに人を幸せにできますんもんね。食や遊びや休息、、、
そうなんです。衣食住全てに関わっていますからね。絶対実現したいですね。もちろん一人では無理なので、色々なことを成し遂げてきた人生の先輩方と、波長の合う大切な仲間たちと、一緒に一歩ずつ前進していきます。
ちか
やっぱり話がすごくシンプルで一貫してますね。ブレない(笑)

自分の心に正直に生きる

それと、自分が大切にしていることがあって、「自分は何をしている時が幸せか」これすごく大事

ちか
うん。わかります。じゃなきゃ続かないし、厳しくなった時心の支えになるのってそれが好きっていう気持ちだったり。
そうそう。なんでもいいと思うんですよ。食べることとかゲームに一人で没頭することとか買い物することとか。そういうものを働くヒントにして、自分にあった仕事を見つける。自分にあった仕事で社会のお役に立つ。これって素晴らしいことだと思うんです。
ちか
日本の若者達みんながそうなったら日本の未来は明るいですね。
そうなんですよね。人生一度きり。楽しんだもの勝ちです。。今日はこちらこそありがとうございました。少しでも僕の話した内容が読んでくださる皆さんの参考になれれば光栄です!(笑)

面白かったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

女子大で建築を専攻しながら不動産会社、コンサルティング会社、山元学校にて勤務。自身が代表を務める学生団体で美容に関するWebサイトも制作する。二度の海外留学を経て将来は海外での活躍を志す。モットーは「まず挑戦」。