【しくじり先生】女子大に入学した私に2年間友達ができなかった理由

こんにちは!ちかです〜!突然ですけどいいですか!

私、中学でも高校でも友達いたのに大学2年間友達0人だったんですよ!!!どうしましょ!!!ぼっちですよ。

でもね!今はみんなと仲良し。

というわけで、今回は!2年間も友達ができなかった理由を振り返ってみます。

大学の子たちと馴染めない、そこのあなたにぜひ読んでほしいです。

納得いかないまま進学した

受験に失敗したんんですね。私。がーん。

高校1,2年は私の人生で1番辛かった時期で(これはまたいつか話しましょう)全く勉強もしてこなかったので

高校3年生の1年で最後一気に受験勉強頑張ったんです。

必死にやったので志望校はA判定。

なのに結果は不合格。初めて挫折を経験しましたね。

でも今では受験に落ちて心から良かったと思ってます。本当に。

まあでも今回のお話には関係ないのでそれもまた今度。

食中毒に見舞われた入学式

wwwww 笑っちゃいますよね。

初っ端から。やられました。

1週間寝たきりになって、登校できたのは入学式から1週間後。

するとどうなると思います?想像できますよね。

既に仲良しグループは完成してるんです/(^O^)\

さようなら〜、私の楽しいキャンパスライフ、って気分でした。笑

学力テストで学部1位の成績

これは本当にびっくりしました。後で書きますがその時私は

「私より頭の悪い人なんていない」

本気でこう思ってたんですね。なのに私が1位?嬉しくもなんともなくて

すごく複雑な気持ちになったんですよね〜。

うちの女子大には「ギャル」みたいな子ってほとんどいなくて

皆んな真面目な女の子に見えたので余計混乱しましたね。

私が1位?なんで?って。

同じ失敗は絶対に繰り返さないと決めた

大学受験に失敗して、

完全に社会に対する自信が0になってたんですよね。その中ですぐに芽生えた気持ちが

就職は絶対に失敗しない

自分の中で次のステップは就職でした。「そこでは絶対失敗しない」って、入学してからすぐそう思うようになりました。

大学受験での失敗を無駄にしたくなかったんですよね。

今考えると「就職で失敗しない」ってすっごく難しい(入るのがゴールじゃないから)。

そう思うのですが、当時はとにかく、入りたいと思ったところに入りたい

という気持ちに駆られてたんですよね。1年生あるある?

流されやすい自分がブレるのが怖かった

私に友達ができなかった最も大きな理由がこれです。

決して偏差値も高くないうちの大学の看板を背負って就職活動をして

有名大学に勝る自分になるためにはみんなと同じじゃ絶対ダメだと思っていました。

ただ流されやすい自分にとって、その高いモチベーションを4年間保つのは至難の技のように思えて、

自分がブレないくらいの距離感というか、、壁というか、、、

そういうのがなきゃダメだなと思うくらい自分に自信がなかったんです。

そう、ここは女の園

高校の時は男勝りな女の子たちだったので女の子特有のトラブルもありませんでした。

ただ、ここは女子大

女の園なわけです。ご飯も、授業の席もいっしょ。サボるときも一緒。

1日の大半を一緒に過ごす仲間。

全部知りたい。全部共有したい。

特に最初はちょっとでも抜けたら完全に置いていかれますから。

あいにくうちにはフレキシブルさはなかったんですよね。

私にはまるでみんなカップルかのように見えました。。。

みんな”お昼ご飯を一緒に食べる友達”を、”授業に一緒に出れる友達”を死守するのに必死です。

私は昼休みにも資格の勉強がしたかったし、授業も1人で集中したくて。。。

そこで察してしまうんですね〜

詰んだ\\\\٩( ‘ω’ )و ////

そんなこんなで2年間

私のコミュニケーション能力、そして人格がちょっと嫌、相当やばいんじゃないって話ですが・・・

今日はこの辺で。

で、「今どうなの?」

ってとこについては次回書きます!お楽しみに!!!

面白かったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

女子大で建築を専攻しながら不動産会社、コンサルティング会社、山元学校にて勤務。自身が代表を務める学生団体で美容に関するWebサイトも制作する。二度の海外留学を経て将来は海外での活躍を志す。モットーは「まず挑戦」。