【大学イメージ】大学生30人に聞いた!青山学院大学ってどう思われてる!?

こんにちは。学生ライターの稲尾です。みなさんにとって、行ってみたかった大学、絶対に行きたくなった大学ってありますよね?

今回は大学生30人にアンケートを実施し、「その大学がどう思われているのか?」を調査してみました。そしてその大学に在籍してる現役の青学生数名からもヒアリングして、その大学のイメージと現実を比較してみました。

今回は、日本随一の大都会、渋谷にキャンパスを構えている青山学院大学について紹介します。

青山学院大学について

 出典)http://www.toda.co.jp/works/edu/edu_06.html

青山学院大学は、1874年に出来た麻布の「女子小学校」、1878年に築地に出来た男子校の「耕教学舎」と1879年に横浜山手に出来た男子校の「美會神学校」が母体となっていて、現状はキリスト教プロテスタント・メソジスト派のミッション・ハイスクール系の学校です。

その後、1894年に正式名称を「青山学院」に変更し、1899年の「私立学校令」で大学設立を試みようとしますが、私立学校令では宗教教育が禁止されていたため、学校設立には至りませんでした。

その後、戦後1949年の学制改革により、「青山学院大学」が設立しました。

現在、キャンパスは渋谷と表参道の真ん中にある、「青山キャンパス」と神奈川県相模原にある「相模原キャンパス」の2つです。9学部と9つの研究科を抱えています。

渋谷キャンパスには文系の学部が、相模原キャンパスには理系の学部が多く設置されています。しかし、理系の学部の人達は、週に1度渋谷キャンパスの授業を履修することになっているので、理系学生にとってはデメリットである一方、定期的に渋谷で遊ぶことができることをメリットに感じる学生も少なからずいるでしょう。

青山学院大学には、学生の間でも有名な文化祭である「青山祭」があります。文化祭では、ミスコンだけでなく、別のファッションショーも開催されています。実は私も参加したことがありますが、前回はスペシャルゲストにモデルの「堀田茜」ちゃんが来ていました。

出典)http://s-bellkochan.com/wp-content/uploads/2014/11/o0480051912784432393.jpg

他にも「青山祭」は芸能人がたくさん来る文化祭であり、開催期間も長く、2、3日で開催される大学祭がほとんどなのに対して「青山祭」は、4、5日と長めに開催される点も「青山祭」の特徴であるといえます。

青山学院大学のイメージ

そんな青山学院大学は、他の大学生から見てどういう風に見えているのでしょうか?

①箱根駅伝で3連覇していて、駅伝が強い

1つ目の回答として、お正月見る方も多いであろう箱根駅伝に関するものでした。以前「山の神」と呼ばれた東洋大学の柏原竜二が卒業し東洋大学1強の時代が終わりを告げて数年後、2015年箱根駅伝で原監督率いる青山学院大学が優勝しました。その後、2016年、2017年も優勝し、3連覇を獲得しています。

確かに、「山の神」と呼ばれた柏原竜二が箱根を登っていた時代よりも、今の大学生にとっては、同世代の青山学院大学3連覇の方が、親近感がわき、イメージがつきやすいのではないでしょうか。

②お洒落で、スタイリッシュな所

2つ目の回答ではこんなイメージが挙げられました。確かに青学生は、お洒落な印象ありますよね。

女子アナウンサーにも、青学出身者が多くおり、例えば、ぶりっ子キャラで知られている田中みな実や小林麻耶も青学出身であることが知られています。

田中みな実は、青学時代に「ミス青学グランプリ2007」で準グランプリをとったり、小林麻耶も青学時代に恋のから騒ぎでテレビ出演を果たしている。そしてその後、2人はアナウンサーの道を歩んでいくこととなりました。。

実はこの2人以外も、青学卒業後にアナウンサーの道を歩んだOGが多くいます。

田中みな実のサークルの先輩にあたる小川彩佳や、今年入社した久慈暁子もnon―noのモデルを経験した後にアナウンサーになりました。

もちろんアナウンサー以外にも、青学出身者は多くいます。サイバーエージェント藤田社長が青学出身であることは有名ですよね。サイバーエージェントが学生にとってお洒落で、イケイケなイメージのある企業になったことは、藤田社長が青学出身であることも影響しているのかもしれません。

青山学院大学の現実

最後に、青山学院大学の現役学生にヒアリングを実施し、青学生は実際のところ、お洒落でスタイリッシュな人が多いのかどうか聞いてみました。

◯考え方がまじめでスケジュール管理など生活面・仕事面でしっかりしてる人が多い

◯チャラい人がいることは事実だが、いい意味で社交的で、真面目に行動しており、好奇心が旺盛

といった回答が得られました。イメージと実態は異なっている部分もあるようですね。

面白かったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

稲尾拓也(20) 福岡生まれ、千葉育ち、東京在住。   小学校から剣道を始め、高校生まで取り組む。 あることをきっかけにいつかは、起業しようと決意する。 大学生になり、スタートアップやベンチャー企業で働き、大学生中に起業しようと考えている。 現在帝京大学在学中。 趣味は、焼肉、原宿巡り。